光り輝く緑の大地から生まれた「青い小さな幸福感」

View previous topic View next topic Go down

光り輝く緑の大地から生まれた「青い小さな幸福感」

Post by BcB on Fri Jul 02, 2010 6:17 am

札幌発の音楽情報‐SAPPORO MUSIC NAKED
Vol.207(2010年6月18日) the brilliant green

http://www.sapporo-mn.com/m/naked/naked.php?naked_id=207_1



課題に対して色々考えて世界が広がっていく…柔軟にやって来られたのが良かったと思います。

今日は川瀬さんにお話を伺います。the brilliant greenが結成されてから15年が経ちましたね。
「結成した頃はリアルタイムで音楽が変化していく時期で、それが楽しかったですよね。60年代や70年代の音楽ももちろん好きなんですが、90年代の音楽の変化を追いかけていくのが楽しい時期でした。常に新しい感覚の音楽が生まれてきて…凄い幸せな時間でしたね。当時からthe brilliant greenの初期の形に近い音楽をやっていました。」

これだけ長い間、音楽を続けていく秘訣というのは何だったんでしょうか?
「実は最初はこんなに長い間音楽をやっていこうという気持ちはなかったので、環境がありがたかったというのがありますよね。逆に言うと今はもう他の仕事が出来ないので、今は音楽をやり切るという気持ちです。メジャーデビューする時も、メンバー内で作って聴いているだけで満足だったんですよね。色々な洋楽から刺激を受けて、また新しい曲をやろう、みたいな感じで。偶然、京都の知り合いの紹介でギターポップのクラブイベントに出演したのがきっかけでメジャーデビューの話が来て…という形なんですよ。しかも自分たちのやりたい音楽性はメジャーには合わないと思っていたので、「えーっ」という感じだったんですが、レーベルサイドがデビューする、しないは別にしても
今後の活動をサポートしてくれると言ってくれたのもあって話が進みました。the brilliant greenが発信する音楽を支えてくれるファンやスタッフの理解があったから続けられたんだと思います。やっぱり、恵まれた環境があったのが大きかったですね。」

環境に恵まれていたというのは、the brilliant greenの音楽に力があったからだと思います。
「自分たちもやりたいイメージを大事にしている部分もあるので、仕事としての自覚とのバランスを取りながら、凝り固まらず考えられるようにもなってきたと思いますね。ヒットのきっかけになった曲のイメージが強くて、そこから脱却するのに悩んだ部分もあったんですけど、長く続けて来られたのは、そういった課題があって、それに対して色々考えて世界が広がっていく…柔軟にやって来られたのが良かったと思います。」

小さな幸福感をテーマにイメージを膨らませた曲…それが「Blue Daisy」です。

2010年は2年ぶりにリリースがありました。まずは2月にシングル「LIKE YESTERDAY」、そして6月30日に「Blue Daisy」がリリースになります。
「もともと”Daisy”というイメージがあって、後から”Blue”をくっつけたんです。で、”Blue Daisy”で調べてみたら実際にある花で、「幸福感」という意味合いの花だったんです。それで小さな幸福感というのをテーマにして書いてみました。なので歌詞の中に出て来る「あなた」というのは「Blue Daisy」(=小さな幸福感)のことを指しています。」

イントロ、歌い始め、サビ…the brilliant greenに求めている音楽そのものだと思います。
「ありがとうございます。歌詞は連想ゲームみたいな感じで作っていくんです。メロディとアレンジが先にあってそこに歌詞をつけていくやり方なので、曲全体を通しての起承転結をまずは空想の中で映像化してみるんですよ。景色、景色、天気…出来る限りのイメージをしていきます。それから連想ゲーム…出だしが決まればどんどん言葉として出て来るんです。連想ゲームとクロスワードパズルをやっていくような感覚で作詞していくので、世界観が決まっていれば答えが決まっているんです。それに合わせて言葉を当てはめていくというか。「Blue Daisy」であれば、最初に”Daisy”がいいなと思ったので、楽曲全体からイメージしていた浮遊感や現実離れした感じ、デジャヴのようなイメージから”Blue”をつけて。そうやってテーマが決まって、歌詞にしていくんですよね。連想ゲームなので想像的・創造的ではあるんですけど、言葉探しはわりと事務的な部分もあって(笑)。言葉遊びのゲームにはまっている時と感覚的には似ているかもしれないですね。でも楽しいですよ、答えが見つかる瞬間は(笑)。」

素人には出来ない離れ業ですよ(笑)。
「そんなことないですよ(笑)。ただ、作詞が連続的になってくると何かしら自分のパターンというか方程式みたいなものを作らないと出来ないかもしれないですね。単純に自分の経験や曲からのインスピレーションだけでは、永久的には書けないんですよね。どんどん書いていくには、事務的にならざるを得ない部分もあるけど、逆にそういう方程式を見つけてからの方が、深層心理が浮き上がっていたり、自分自身あとから読み返してもリアルでしっくりくる感じで、表現したい感情にも正確さが出て来たと思います。」

カップリングではTHE KINKSの名曲「All Day And All Of The Night」のカヴァーも収録されていますね。
「UKロックがテーマのTV番組内の企画で、この年代のカヴァーをすることになり、たくさんの候補曲の中でもリフレインが印象的で頭から離れなかったので選曲しました。こういうリフレインは歌っているときは単調に感じるんですが、聴いていると面白いんですよね(笑)。」

北海道は凄いポジティブになって楽しい気分にさせてくれる場所…空気感が素晴らしいです。

the brilliant greenはカラオケで歌いたいと思っている方がたくさんいると思うのですが、低音のレンジが広いので苦しむタイプの曲が多いと思います(笑)。上手く歌うコツはありますか?
「(カラオケで歌ってもらうのは)ありがたいですよね。確かに難しい曲が多い方だと思います。少なくとも私は毎回苦戦しています(笑)。音域に幅があるのにファルセットを使わず地声オンリーの歌唱だからっていうのもあるかも。ブレス箇所も極端に少ないので、カラオケだと歌詞を見ないでも歌えるようにしておかないと楽しくないかもしれないです(笑)。歌詞を追いかけているとアワアワしちゃうので、入り込んで歌ってほしいなと思います。しっかり覚えて歌ってみてください(笑)。」

それでは最後に北海道のファンの方にメッセージをお願いします。
「新千歳空港におりて外に出た瞬間の凛とした空気…毎回来る度にこれが好きなんだと実感しています。いつもハッとさせられます。凄いポジティブになって楽しい気分にさせてくれる場所です。もちろん食べ物も大好きなんですが(笑)、おそらくその空気感が全てをポジティブにしてくれてるんだと思います。年内にアルバムをリリースする予定ですし、ソロのプロジェクトもあります。楽しみながら頑張りたいと思いますので、よろしくお願いします。」


インタビュー後記

個人的な話で恐縮だが、私は90年代半ばに京都で学生時代を過ごした。同時期に京都で結成され、メジャーデビューを果たしたのが the brilliant green。勝手ながら親近感を持っているバンドの一つなのだが、その世界観を構築する歌詞の作り方は、今までに聴いたことのない話だった。音楽を長く続けている秘訣は「恵まれた環境」と答えてくれた川瀬さんであるが、「型」を持っているアーティストは強いと実感。バンド名の通り、肥沃な緑の大地から生まれた「Blue Daisy」では、「小さな幸福感」を届けてくれる。すべてのキーワードがいつの間にか繋がっている…それもthe brilliant greenというバンドの使命。2年ぶりに本格的に活動を再会したthe brilliant greenの第2章は、幕を開けたばかりだ。(橋場了吾)

_________________
-
TBGFAN.twbbs.org
the brilliant green (BuriGuri)(綠樂團) & Tommy heavenly6 / Tommy february6 | UnOfficial Fan Group / 非官方粉絲社群

:: I will be happy in your dream, I'll be happy in my mind. ::

:: 手を伸ばして 夢見るの 今は遠くても
信じたい きっといつかは 叶うと決めているから ::
avatar
BcB

Number of posts : 346
TBGFAN Point : 875
Registration date : 2010-03-27
Age : 26
Country : Taiwan

View user profile http://baconbao.blogspot.com/

Back to top Go down

Re: 光り輝く緑の大地から生まれた「青い小さな幸福感」

Post by BcB on Fri Jul 02, 2010 6:19 am

希望有人能提供翻譯 good

_________________
-
TBGFAN.twbbs.org
the brilliant green (BuriGuri)(綠樂團) & Tommy heavenly6 / Tommy february6 | UnOfficial Fan Group / 非官方粉絲社群

:: I will be happy in your dream, I'll be happy in my mind. ::

:: 手を伸ばして 夢見るの 今は遠くても
信じたい きっといつかは 叶うと決めているから ::
avatar
BcB

Number of posts : 346
TBGFAN Point : 875
Registration date : 2010-03-27
Age : 26
Country : Taiwan

View user profile http://baconbao.blogspot.com/

Back to top Go down

View previous topic View next topic Back to top


 
Permissions in this forum:
You cannot reply to topics in this forum